ソニー銀行カードローン審査

ソニー銀行カードローンの審査について

ソニー銀行カードローンの審査

 

カードローンの審査基準は、各社で異なっており一般的には公表されていません。全体的には「消費者金融は審査基準が緩やか、銀行は審査基準が厳しい」といわれていますが、これもカードローン提供先や利用者の状況により異なっていますので、一概に比較することは難しいといえます。

 

ただしカードローンの審査で確認する項目は、ある程度共通しています。どのような項目が審査のポイントとなるのかを知っておくことで、カードローン審査にも合格できる可能性が高くなるといえるでしょう。

 

ソニー銀行カードローンの審査条件

業界屈指の低金利が魅力のソニー銀行カードローンですが、当然ながら審査に合格できなければ利用することはできません。金利が低いカードローンは審査基準が厳しいというイメージがあります。

 

ただし先ほども述べた通り、カードローンの審査で確認する項目はある程度共通するものがあります。その項目に十分注意しておけば、ソニー銀行カードローンの審査にも十分合格することができるでしょう。

 

ここでソニー銀行カードが掲げている利用対象者の条件を確認しておきましょう。

  1. ソニー銀行に円普通預金口座をお持ちの方
  2. 申込時の年齢が満20歳以上65歳未満の方
  3. 原則、安定した収入のある方
  4. 日本国籍の方、もしくやは外国籍の方で永住権をお持ちの方
  5. 保証会社(アコム株式会社)の保証を受けられる方

 

①についてはカードローン申込と同時に円普通預金口座開設ができますので問題ありません。②④については、条件を満たすしかありません。

 

問題となるのは③⑤の条件でしょう。ここでは③の「安定した収入」について考えてみましょう。

 

安定した収入とは?

銀行、消費者金融に限らずカードローンの利用条件としては各社とも「安定した収入」を掲げています。カードローンで借りたお金は、きちんと返済されなければいけません。そこで返済原資となる「安定した収入」が重要ポイントになるのです。

 

「安定した収入」とは単に収入自体が多ければいいものではありません。大切なのは返済に十分な収入が「毎月安定している」ことです。

 

例えば前月は月収60万円だったが、今月が月収0円というのは安定した収入とはいいません

 

チェック

このような状況では毎月決められた金額を返済していくことは困難と判断されます。逆に毎月コンスタントに月収30万円をあげている方が、カードローンの審査では有利と判断されるのです。

 

この「安定した収入」を確保するために、勤務先や勤務状況なども大きなポイントとなります。公務員や大企業に勤務している正社員であれば、その分収入も安定していると判断されます。逆に零細企業に勤務しているパートや小規模個人事業主などは、収入が安定しないと判断され、審査でも不利となります。

 

ただしソニー銀行カードローンでは、新規受付開始後20代30代の若年層をターゲットにした方針を打ち出しています。パートやアルバイトでも一定の収入が確保できれば十分審査に合格することができます。

 

専業主婦の場合は?

またソニー銀行カードローンでは専業主婦の利用も可能と宣伝しています。配偶者に一定の収入が認められれば、上限50万円として借入可能としています。

 

もともと本人に収入が無い専業主婦のカードローン利用を認めている先は、あまりありません。認めている先でも、最上限金額は30万円程度の先がほとんどですので、ソニー銀行カードローンのスペックの高さを表している条件といえるでしょう。