ソニー銀行カードローン審査

ソニー銀行カードローンをおまとめで利用する

おまとめローンソニー銀行

複数のキャッシングやカードローンをひとつにまとめることを「おまとめ」といいます。

 

これまでまちまちだった返済日や返済金額がひとつになりますので、返済管理を続けていくのが格段に楽になります。

 

より低い金利のおまとめローンを利用することで、以後の利息返済負担を大幅に減らすことも可能になります。

 

ソニー銀行カードローンでおまとめ

金利負担を考えた場合、より低いおまとめローンの利用が望ましいといえます。その点業界屈指の低金利が人気のソニー銀行カードローンでのおまとめは、非常に魅力といえるでしょう。

 

最高800万円までの借入限度額もおまとめローンとしての条件に最適といえます。

 

ソニー銀行カードローンは資金使途自由で、おまとめローンとしても利用することができます。総量規制の対象外ですので、年収の3分の1以上という制限も受けることはありません。ソニー銀行カードローンの適用金利「2.5%~13.8%」を考えると、現在利用中のカードローンの金利が「13.8%」以上である方は、利用を検討してもいいかもしれません。

 

ただしおまとめローンはその性質上、複数の借入を利用している方が申込を行うものです。そのため積極的におまとめを行う先と、おまとめ目的では消極的な先があるのが実情です。ソニー銀行カードローンでは、口こみ情報などによると、残念ながら後者の傾向が強いようです。おまとめローンとしては積極的ではありませんので、審査に合格することも難しいかもしれません。

 

おまとめローンの利用ポイント

それでもやはりソニー銀行カードローンの低金利は非常に魅力です。自身の収入状況や返済状況などを判断して、十分問題ない場合には申込を行ってみてもいいでしょう。

 

おまとめローンを利用する際のポイントは「いかに返済総額を減らすことができるか」にあります。現在の利息を含めた返済総額と、新たにおまとめを行った後の返済総額をしっかりシュミレーションすることが大切です。適用金利は申込んでみなければわかりませんので、最上限の「13.8%」で計算するようにしましょう。

 

ソニー銀行カードローンの返済方式が「残高スライド方式」であることも考慮して、十分に最終の利息負担が減らせるような方法を模索しなければいけません。「残高スライド方式」では返済期間が長期化することもあり、その分利息負担が増えてしまうこともありますので注意しましょう。

 

 

チェック

ソニー銀行カードローンは資金使途自由のカードローンです。おまとめ専用ローンと異なり、借入残高が減ってくると借入限度額の範囲内で何度でも融資を受けることができます。

 

ただし追加融資を受けたのでは、せっかくおまとめ目的を利用した意味がありません。利用の管理は自己責任でしっかり行うようにしましょう。