ソニー銀行カードローン審査

ソニー銀行カードローンの保証会社

 

銀行のカードローンは、一般的に保証会社が保証を受け持っています。万が一利用者が返済不能となった場合には、保証会社が利用者に代わって銀行側に支払を行います。その代わりに保証会社は保証料を受け取りますが、通常保証料はカードローンの金利の中にあらかじめ含まれています。

 

利用者は別途保証料を負担する必要はなく、保証人を準備する必要もないというわけです。


 

当然審査についても銀行だけでなく保証会社の審査にも合格しなければいけません。保証会社の審査基準についても、一般的には公表されていませんが、その内容はカードローンの審査基準と同等のものといえるでしょう。

 

銀行カードローンを利用する場合には、必ずどこの会社が保証会社であるのかを確認しておきましょう。保証会社は商品案内などに必ず記載されていますので、利用前に必ず確認しておくようにしましょう。

 

ソニー銀行カードローンの保証会社

ソニー銀行カードローンの保証会社は、消費者金融大手の「アコム」です。

 

「アコム」は日本を代表する消費者金融で、最短30分の審査スピードが魅力となっています。消費者金融が保証会社を受け持つ銀行カードローンは多くあります。

 

例えば「プロミス」をブランド名とする「SMBCコンシューマーファイナンス株式会社」は多くの銀行のカードローンやフリーローンの保証業務を受け持っています。

 

消費者金融が保証会社と聞くと「審査基準が緩やかではないか」と思われる方も多いかもしれません。しかし適用される金利が消費者金融と銀行(ここではアコムとソニー銀行カードローン)では異なりますので、おのずと審査基準も異なることになります。

 

ネットの口コミ情報などでは消費者金融が保証会社であれば審査基準も緩やかであるというような記述が見受けられますが、決してそのようなことはありません。アコムでの審査、ソニー銀行での審査はそれぞれ異なるものであることに注意しましょう。

 

同じ保証会社のカードローンを利用していると

アコムは多くの金融機関のカードローンで保証業務を受け持っています。有名な先では三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」があり、知名度も高い商品なので利用されている方も多いかもしれません。

 

 

アコム保証について

ソニー銀行カードローンの利用を検討されている方が、既に同じアコム保証のカードローンを利用している場合には、どのような影響があるのでしょうか。

 

同じアコム保証のカードローンを利用するからといっても、申込ができないとは限りません。利用者の返済能力などを判断し、総合的な審査が行われることになります。当然既に利用しているカードローンの返済負担などは審査でも大きな影響を与えるでしょう。返済の遅れなどが生じている場合には、まず審査には合格できないことも当然といえるでしょう。

 

ソニー銀行カードローンは「総量規制」の対象外です。借入総額が年収の3分の1という制限を受けることはありませんが、アコム保証に限らず他社でカードローンを利用している場合には、少なからず審査にも影響を与えるものと考えておきましょう。