ソニー銀行カードローン審査

ソニー銀行カードローンの必要書類

必要書類

カードローンを申込む場合には、必ず必要書類を準備しなければいけません。

 

いくら「即日融資」を宣伝しているカードローンであっても、必要書類が整わなければ利用することはできません。あらかじめ決められた必要書類を確実、かつすみやかに準備することで手続きもスムーズに進めることができます。

 

とはいっても、カードローンで準備しなければいけない書類は、それほど複雑なものではありません。商品概要などに記載されている項目を確認するとともに、不明な点は事前に担当者に質問するなどすれば、それほど手間もかけずに整えることができるでしょう。

 

ソニー銀行カードローンの必要書類

収入証明書類

借入希望額300万円を超える場合には、以下の年収を確認できる書類(前年度のもの)のコピーを準備しましょう。

  • 源泉徴収票
  • 住民税決定通知書または課税証明書
  • 確定申告書
  • 納税証明書(その1・その2)

 

外国籍の方

外国籍の方は、永住許可を受けていることが利用条件です。
その確認のため、以下の書類のコピーを準備しましょう。

  • 在留カード
  • 特別永住証明書

 

変更事項のある場合は、両面のコピーを忘れないようにしましょう。

 

本人確認書類

ソニー銀行で預金口座を保有しておらず、契約と同時に指定口座への融資金の振込を希望する場合(初回振込サービス)には、以下の書類のコピーを準備しましょう。

 

  • 指定口座の普通預金通帳もしくはキャッシュカード額面(金融機関名及び支店名(またはそのコード)、預金種目、口座番号、口座名義が鮮明に写っていること)
  • 各種健康保険証(本籍地が記載されている場合には塗りつぶします)
  • 運転免許証(本籍地が記載されている場合には塗りつぶします)

 

通常のカードローンでは基本的に本人確認書類を準備しなければいけません。しかしソニー銀行カードローンでは「初回振込サービス」を利用しない場合には必要ありません

 

ただしソニー銀行で預金口座を保有していない場合には、預金口座開設に本人確認書類が必要となります。

 

書類の提出方法

これらの必要書類はFAXか郵送で提出します。郵送の場合には、数日間を要することになりますので注意しましょう。他社で見られるメールの添付や画像のアップロード機能などを活用できないのは、やや不便かもしれません。

 

なお、審査の過程で他の書類が要求されることもあります。連絡を密にできるようにしておくとともに、要求された書類はすみやかに整えるようにしましょう。